ホリスティックキュアドライヤー

 

時短×ニュートラルドライ
すべては美髪の為に

 

hcseries-d_3

 

 

HOLISTIC CURE DRYER

ホリスティック キュア ドライヤー

CCID-P01B

¥22,000 (税抜)

電源:100VAC 消費電力:1500W(HIGH)/710W(LOW) 冷風:70W(HIGH)/50W(LOW) 本体重量:約405g/ノズル約20g (コード込、ノズル除く 約620g) 商品サイズ:約240(H)✕230(W)✕75(D)mm ノズル:約85(H)✕70(W)✕45(D)mm コードの長さ:約3.0m 加工仕上:本体内部・ディフューザー・ノズル:キュアクリスタル加工 本体材質:PC・ABS・PVC 生産国:韓国
※品質改良のため予告なく仕様を変更する場合がございます。
※写真や色は印刷により若干異なる場合が有ります。

使うたびダメージ低減する
最高傑作シリーズ

このシリーズでは、基本的なクレイツイオン®テクノロジーはそのままに、 髪にとって本当に良い事は何なのか?ということを根本から考え直し、研究開発されました。
従来のクレイツイオン®が進歩した『マイクロミネラルミックス』配合をはじめ、 業界初の二層コーティングプレート搭載、従来より遥かに早く使用開始できる内部ヒーター、あらゆる機能においてこれまでの製品の中で最高のパフォーマンスを発揮します。
そのすべてに負けないくらいデザインも新しく、より使いやすくなりました。
使うたびダメージ低減する最高傑作シリーズです。

使うたびに潤いと光沢のある美しい髪へ。
「キュアクリスタルディフューザー」

数種類の天然鉱石と多孔ミネラルをミクロサイズのパウダーにして、ベストバランスで配合し、ドライヤー吹出口に搭載した「ディフューザー」をはじめ、「ノズル」、「本体内部」に加工。
髪の内側と外側から同時に乾かすことで、熱ダメージを軽減し、髪にツヤ・潤い感を与えながらシルクのような滑らかでまとまりのある髪に仕上げ。

ハイパワー1500Wの大風量で、
ドライ時間の短縮を実現。
「BLDCモーター」搭載

1500Wの大風量でロングヘアでも短時間でドライができます。
一般的なドライヤーで使用されるモーターに比べ、モーターの回転数が高い「ブラシレスDCモーター」搭載。耐久性が高く※、カーボンブラシによる摩擦が無いため、ムラの無いクリーンな風をハイパワーで放出し、スピードドライを可能にします。
※モーター寿命/BLDCモーター…約20,000~30,000時間
(DCモーター…約350~500時間)

ボタンひとつで温風・冷風の切替が瞬時に可能。
「温風・冷風切替スイッチ」

温風と冷風が瞬時に切り替わる内部構造を再設計。
冷風切り替え後温風がいつまでも出続けることなく、スムーズに冷風に切り替わります。
また、HIGH(強風)・LOW(弱風)の2段階で風量の切替が可能です。

長時間の仕様でも疲れにくい軽量設計

人間工学に基づき、長時間の使用でも持ち手の負担を最小限に抑えるモダンなフォルム。
また、モーターの振動によるブレを感じさせないバランス調整をファンにまで。

毛髪に対するメカニズム

マイクロミネラルミックスされたパウダーから、1981年にNASAが提唱した「育成光線(テラヘルツ波)」を放出(右図参照)。
その光線は振動(21.4~75兆回/秒)に変わり、振動によって毛髪表面の水分を分解(クラスター化)し、毛髪内部まで水分(自由水)を浸透。毛髪内部まで浸透した水分(自由水)がタンパク質に吸収され、結合水として馴染むことで、毛髪内の偏った水分のバランスを整え、しっかりと保湿・ダメージケアします。
また、髪表面のキューティクルを引き締め、髪にツヤを与えます。

【例:ドライヤーによる毛髪メカニズム】

01 毛髪再生に有効な「育成光線」を放出

温風と共に、マイクロミネラルミックスされたドライヤー本体及びノズルから、「育成光線(テラヘルツ波)」を放出。

02 毛髪表面の水分をクラスター化(微細化)

育成光線は、21.4~75兆回/秒(21.4~75THz)の振動に代わり、その振動で毛髪表面の水分をクラスター化(微細化)します。※水をクラスター化する振動・・・24.98~37.4THz

*こちら取り寄せ商品になりますので、気になる方はお声かけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>